トゥー(つま先)キックの練習

正式にはトゥーキックと言いますが、言いにくいので、みんな【トーキック】と言っています。

このトゥーキックはつま先を使ってボールを蹴ります。

トゥーキック

足を振り上げずにボールを蹴ることができるため、予備動作が少ないという特徴があります。予備動作が少ないということは動きを読まれにくい、ようするに、タイミングを外せるということです。

実際、相手がボールを蹴ってくるということが事前に分かれば、それに対応した動きができます。パスでも、シュートでも同じです。

パスを出してくるなら、そのコースに体を入れればパスカットができます。
シュートコースを塞げば、相手は得点することができないでしょう。

でも、トゥーキックは読みにくいため、タイミングを取りづらいんですよね。

自分が考えているよりも1歩早く、パスやシュートをされると、タイミングがずれて対応ができないことがあります。実際、トゥーキックでのシュートは得点につながることが多いです。【GOLEIRO(ゴーレイロ)=ゴールキーパー】がタイミングをずらされて反応できないからなんですね。

これは狭いスペースでプレーをする、フットサルだからこそ発達したキックと思っていいでしょう。とても有効なキックなので、ぜひマスターしてください。


トゥーキックの蹴り方ですが、蹴るというよりも【突く】という感じです。

真っ直ぐボールの中心に足を突き出す感じで蹴ると、上手に蹴れます。

このときに、決して足の指を折りたたんで蹴らないでください。
この蹴り方は逆に足の爪を割る危険があります。

「足の指を突き指しそう」と思うかもしれませんが、そんなことはありませんから大丈夫です。ただ、爪はきちんと切っておいてくださいね。

親指の裏側でボールを突くイメージで練習してみてください。

最初は軽く蹴ってみて、大丈夫そうなら強く蹴りましょう。

意外にコントロールがとても難しいことに気付くはずです。
ボールの上を蹴るのと、下を蹴るのではボールの動きが全く違います。
いろいろと試して自在に蹴れるようになりましょう。

関連エントリー

 
Copyright ©  フットサル初心者ガイド/ルール・練習なども All Rights Reserved.