アウトサイド(足の外側)キック

アウトサイドはフェイント(騙し)や、方向転換によく使います。
まずは、インサイドキックと同じように練習した方が良いでしょう。

ボールを置いて1歩下がります。そこから、ボールの横に軸足(蹴らないほうの足)を踏み込みます。蹴る方の足はつま先を内側(内股のような感じ)に向けます。そのまま足の外側で蹴ります。

アウトサイドキックをしてみると気付くと思うのですが、少し蹴りにくいです。前に蹴り返すというのは、案外難しいものなんですね。でも、基本は大事ですから。まずはここから始めてください。

慣れてきたら動いているボールを蹴りましょう。フェイントと合わせて使うときや、方向転換に使うときは、蹴るというより、乗せる、引っ掛けるという感じに近いと思います。

これはドリブルをしているときに使うのですが、一例として、まっすぐから右に行く場合を思い浮かべてください。

ドリブルをしています。まっすぐから右の方に方向転換するのに、右足で、ボールの左側を蹴ります。ボールの転がる方向が、まっすぐから右に変わると思います。

これを早くすると、ドリブルで自在に方向転換できます。慣れてくれば、後ろに方向転換してドリブルすることもできます。

この動きに、フェイントを入れるとテレビでサッカーの選手がしているドリブルのようになります。両足ともできるようにがんばりましょう。

利き足でない方の足で、ドリブルの方向転換をしようとするとボールの上に乗ってしまうこともあるので無理はしないでくださいね。

関連エントリー

 
Copyright ©  フットサル初心者ガイド/ルール・練習なども All Rights Reserved.