アップをする(準備運動)

フットサルは気軽にできるスポーツです。

でも、気軽にできるからといってアップ(準備運動)をしないのは怪我のもとになります。

アップをせずにいきなり試合でプレーをしたため、怪我をした人を何人か知っています。

足を挫いたり、軽い捻挫だったり、そんなに大きな怪我ではなかったので良かったのですが、大きな怪我に繋がらないとは言い切れません。

その怪我をした時も、何てことないプレーでのことでした。
アップをキッチリしていたら怪我をせずに済んだかもしれません。

友人の話では、足首を骨折した方もいるようですからね。その方もアップをしていなかったようです。

怪我をした方に共通しているのは、アップをしていなかったということです。
せめてジワッと汗がでるぐらいまでは、アップをするようにしましょう。

まずは、軽くジョギングしてからストレッチを念入りにしましょう。ストレッチって意外と汗をかくものなんですよ。足の筋はもちろんのこと、手首、足首も念入りにしておきましょう。

特に足首のストレッチは入念にしましょう。

フットサルは切り返しの多いスポーツでから、足首に負担が掛かります。ダッシュ、ストップ、またダッシュという動きが続きます。

「そんなに本格的にしないよ〜」という方もいるでしょうが、大丈夫です!動きますから!!
案外、つられて動いてしまうものなんですよね(^^

そしてそういう時は、自分で思っているよりも筋肉や関節には負担が掛かっています。怪我をすると楽しいフットサルも嫌になってしまいますからね。楽しくフットサルをするためにも、アップは十分に行ってください。

関連エントリー

 
Copyright ©  フットサル初心者ガイド/ルール・練習なども All Rights Reserved.