トラップの練習

サッカーの場合は両手を広げてグルッと回った範囲が自分のエリアなのですが、フットサルは肩幅が自分のエリアだと言われています。

この【エリア】というのはとても大事で、この範囲にボールがあるうちは、ボールを奪われにくいということになります。

例えば、パスが回ってきてトラップをしたとしましょう。

サッカーの場合は、1歩足を踏み出したら届く位置にボールをコントロールします。足元に近すぎると、次の動作が遅くなるからです。

でも、フットサルの場合は空いたスペースが狭いので、サッカーと同じようにトラップすると、相手に取られやすくなります。だから、それを防ぐために足の裏でトラップをします。

足裏トラップ

こうすることで、他にボールが転がっていかないようにキッチリと押さえ込むことができます。

片足でバランスを取ってボールを押さえるという動作は、最初は難しいかもしれません。少しボディーバランスが必要になる動作ですね。

でも、フットサルをするにはとても重要な動作なので、何回も練習してください。別に、できなくてもフットサルはできるんですが、ボール簡単に取られないために重要な技術になります。


●練習の仕方です。

2人1組で5mぐらい離れます。
練習とトラップの練習は同時にすることになります。

相手にこちらに向かってボールを転がしてもらいます。
それを足の裏で止めます。(パスが正確にできない場合は、2人の間隔を3mに縮めましょう)

慣れてきたら、動いている状態でのトラップの練習です。

間隔を少し広く10mぐらい離れましょう。
相手にパスを出してもらったら、最初に立っている位置から転がってきたボールに向かって走り、トラップをします。
前に走って、足の裏でトラップをする動きは案外難しいです。

少々こけるのは仕方がないことだと思うのですが、捻挫をしないように気を付けてくださいね。

まずは、ゆっくりと歩いているぐらいの動きで確実にできるようにして、そこから走るスピードを上げていくようにすれば、怪我もなく安全に練習できると思います。
それから、インサイド、アウトサイドのトラップも同じように練習しましょう。

関連エントリー

 
Copyright ©  フットサル初心者ガイド/ルール・練習なども All Rights Reserved.