スペースをうまく使う

フットサルは、スペースをうまく使ったチームが有利になるスポーツです。

ゴール前のほんの少しのスペースに走り込んでパスをもらい、そのままシュートをして得点が入るということはよくあります。

「こんなスペースに走り込んでくるなんて!」というところからのシュートはディフェンダーもキーパーも反応が遅れるものです。

フットサルはパスをつなぐゲームでもあり、騙し合い(フェイント)のゲームであり、スペースを取り合うゲームでもあります。空いたスペースは、空いているけど取り合っているんですね。

フットサルはコートが狭いので、走らせるパスはよくラインを割って外に出たり、相手チームにボールを奪われたりします。そのため通常は、足元へパスをして、足の裏で確実にトラップして止めます。

足元へのパスは、確実に止めれるので、パスもつながり易いのですが、スピードは落ちてしまいます。スピードを落とすことなくパスをつなげるには、少しだけ味方の前にボールを出します。

これはチーム練習が必要ですし、そのときのチームメイトとの意志の疎通がうまくいっていないと難しいです。でも、できるようになると格段にチャンスが広がります。

これを比較的せまいスペースですると、「ワンツー」というプレーになります。相手を抜き差ってスピードも落ちないので、得点に絡むことが多くなるプレーの1つです。

確実なパスを出せる必要があるので、パスの練習を何度もしてください。

スペースに走りこむ動きは、相手のチームからすると、とても嫌な動きです。逆に相手チームにされた場合は、フェイントの動きに引っかからないように注意が必要です。

関連エントリー

 
Copyright ©  フットサル初心者ガイド/ルール・練習なども All Rights Reserved.